さてさて、このお話は結構実話だったりします。
誰のお話でどこまでが実話なのかは想像してお楽しみ下さい。



このページはブラウザの「戻る」でお帰り下さい。


おそれおおくもこちらで製品化したサウンドノベル作品を販売予定です。
もしよろしければご援助お願いします。



(作品直リンクです。)